口内環境改善によるエイジングケア いつまでも、健康で美しい口元でいるために…

口内環境を整えるだ液の働き

だ液には、リゾチームや歯の主要成分であるハイドロキシアパタイトとほぼ同じミネラル成分が含まれており、細菌の繁殖を抑えたり、歯から溶けだしたカルシウムやリンを補うことで、歯の再石灰化を助けるなどして口内環境を整える大切な働きを担っています。
だ液の量は30代をピークにして加齢とともに徐々に減少します。だ液の分泌が減少すると、人間本来が持つ自然治癒能力が低下し、口の中がねばついて口臭やむし歯・歯周病、歯のくすみなどが起こりやすくなります。

生活習慣の見直しをしよう

加齢以外にも、生活習慣の乱れやストレスなど、体に負荷がかかると自律神経のバランスが乱れ、だ液の分泌量が減少することがあります。ストレス過多の時代を反映するように、だ液が十分に出ない(ドライマウス)の人が増加しています。 生活習慣を見直すことは、口内環境を整えることにもつながります。

だ液分泌を促す口体操

口内環境を整えるためには、だ液が大切な要素です。毎日の歯みがきや生活習慣の見直しに加えて実践してみましょう。
(1)口を思い切りすぼめ、そのまま舌を細かく上下に動かします(ラララと言う感じに)
(2)口をとじたまま横に広げ、舌を細かく上下に動かします(ラララと言う感じに)

(1)は口をすぼめることで、年齢とともに衰える口輪筋(口びるまわりにある筋肉)を刺激します。(2)は、だ液腺を刺激します。それぞれ、20秒を目安に行いましょう。水を少し含んで行うと効果的です。

口内環境改善によるエイジングケア

いつまでも、健康で美しい口もとでいるために…

口内環境を整えるだ液の働き

だ液には、リゾチームや歯の主要成分であるハイドロキシアパタイトとほぼ同じミネラル成分が含まれており、細菌の繁殖を抑えたり、歯から溶けだしたカルシウムやリンを補うことで、歯の再石灰化を助けるなどして口内環境を整える大切な働きを担っています。
だ液の量は30代をピークにして加齢とともに徐々に減少します。だ液の分泌が減少すると、人間本来が持つ自然治癒能力が低下し、口の中がねばついて口臭やむし歯・歯周病、歯のくすみなどが起こりやすくなります。

生活習慣の見直しをしよう

加齢以外にも、生活習慣の乱れやストレスなど、体に負荷がかかると自律神経のバランスが乱れ、だ液の分泌量が減少することがあります。ストレス過多の時代を反映するように、だ液が十分に出ない(ドライマウス)の人が増加しています。
生活習慣を見直すことは、口内環境を整えることにもつながります。

だ液分泌を促す口体操

口内環境を整えるためには、だ液が大切な要素です。毎日の歯みがきや生活習慣の見直しに加えて実践してみましょう。
(1)口を思い切りすぼめ、そのまま舌を細かく上下に動かします(ラララと言う感じに)
(2)口をとじたまま横に広げ、舌を細かく上下に動かします(ラララと言う感じに)

(1)は口をすぼめることで、年齢とともに衰える口輪筋(口びるまわりにある筋肉)を刺激します。(2)は、だ液腺を刺激します。それぞれ、20秒を目安に行いましょう。水を少し含んで行うと効果的です。